トップ > 店舗ブログ > たにやん釣り物語 第6章 第15話

たにやん釣り物語 第6章 第15話

2020 / 04 / 11  宮崎住吉店

みなさんこんにちは

宮崎住吉店の“たにやん”こと谷川です!

さて、大隅湖の状況報告です!

水温はやや下降気味にの約15℃

バックウォーターをO.S.P)ドゥルガで攻めますが反応なし

続いて本湖側です!

まずは、ドゥルガとホバスト仕様のマイラーミノーでチャレンジ

やはりドゥルガには反応がなく、

オープンウォーターでホバストに反応してくるのは

20㎝前後の小バスたち、掛かりは浅いのでやり取りしている最中にラインテンションを抜いてオートリリース

その後、毎回ホバストで掛けるエリアへ

今回も50㎝あるなしくらいをバラしたのですが、どこらへんで喰ってくるとおもいますか(涙)?

・・・

・・・

・・・

 

このエリアだけです・・・

しかもキャストは3投まで

1投目で気づかせて(運が良ければこの時点で喰ってきます)

2投目で浮かせて(活性が高いと大体に2投目喰ってきます)

3投目で喰わせる!

この赤丸のエリアは1~2匹付くことが多いです。

2匹いると競争心が働くので、「我先に喰う!」という意識で喰ってきます!

これが一匹だけなら、「とりあえず喰えたら喰う」という意識になるので

掛かりがかなり浅く、ジャンプ一発で外れます(涙)

バラしたので場所を休ませるために一旦移動し、スピニングのヘビキャロに変更

ズルズルボトムを擦って、ロングステイすると、コンッとバイト

スイープにフッキングを入れて、ランディング!

43㎝のグッドコンディションでした!

その後、アタリが遠のき

さっきバラした場所をの近くに移動しホバストを試すと、

ワラワラとギル、小バスが寄ってきますが・・・

なぜかバイトしない

「なぜ?」っと思っていると下から喰いあげてきました!

すぐにストラクチャーから引き離し、慎重にやり取りしてネットランディング!

今回はいい所にフックが掛かっていました

今のところ「ホバスト」最強です!

このブログを書きながら、ふと「今度これを試してみよう!!」というアイディアが浮いてきました!

またチャレンジしてきます!

それでは次回もお楽しみに!

一覧に戻る