トップ > 店舗ブログ > 坂元のらいとタックル研究所 初夏の釣り研修編

坂元のらいとタックル研究所 初夏の釣り研修編

2020 / 07 / 07  若松響灘店

皆様こんにちは。
若松響灘店の坂元です。

しばらく自粛していましたので久しぶりの投稿となります。

 

先日、若松響灘店スタッフみんな若松方面の波止へ釣り研修に行ってきました。

当日風が強く風裏になるポイントを選んで釣りをすることにしました。

 

早朝ということもあり釣り場は貸し切り状態、釣り場に散らばり各々がウキ釣り、投げ釣りなどタックルを用意して釣り開始。

 

私はまずはフカセで梅雨グロ狙い🎣

 

パン粉、集魚剤、アミなどを混ぜたマキエを作ってピンポイントに撒いていきます。

しばらく様子を見ましたがクロの姿は無く豆アジがポツポツと釣れるようになりました。

潮も感じよく流れているのですがクロのアタリがありません。

 

この時点で粘っても釣れる感じが無かったので場所を移動し遠投カゴ釣りでクロ、アジの両方を狙える仕掛けで再挑戦!😆

 

少し棚を深くするとすぐにアタリがでました。

 

ファーストヒットは18cmほどのアジ。

まずまずの型です。

 

ここでも豆アジが邪魔してきますが5mほどの棚をキープすると同サイズのアジがポツポツ釣れるようになりました。

 

さらに遠投して深棚を流していると・・・ん?

ウキが一瞬で消込みラインが引っ張られるアタリがありました👍

 

これはクロかもと思いつつ巻き上げてみると水面に大きなアジが見えてきました。

慎重に抜き上げてみると波止ではなかなか釣れないBIGサイズ・・・🐟

 

(UVカットサンシェードネックガードグレーカモフラ使用中、マスクとしてまた日焼け防止におすすめのアイテムです!

スケールに乗せてみると28cm級のマアジでした🤩

波止でこの型のアジが釣れるのはラッキーですね。

 

その後も同じ棚を流していると時々怪しいアタリは出るのですが全てすっぽ抜け。

やっぱり甘くはないですね😅

 

アジが釣れているので大河内さんを呼んで隣でサビキ釣りをしてもらうとすぐにアタリがあり20cmのアジがヒット!

 

その後もほとんどが豆アジだったのですが入れ食いでした。

まだまだ釣れそうな感じでしたが終了の時間となり念入りに釣り場を清掃した後釣り場を後にしました。

この日の釣果(真鯛とアジの一部は大河内さんの釣果です)

 

後で聞いてみると他のスタッフも15~23cmのキスやコノシロ、ベラ、オコゼなどいろいろな魚が釣れているようでした。

最後にみんなで記念撮影!

この日釣れたアジは後日刺身と寿司にしていただきました。

 

やっぱりアジは美味い!!

皆様も若松方面でアジ釣りを楽しんでみませんか!

 

エサ釣りだけでなくアジングでも釣れていますよ。

 

釣りに行かれる際は安全のためフローティングベストの着用も忘れずに。

《釣行データ》
釣行ブログNO.6
2020.7.1
時間 AM6時~AM10時
釣り場 若松方面波止
釣り方 フカセ釣り、遠投カゴ釣り
魚種 アジ

《カゴ釣りタックル》
ロッド 磯竿1.5号
リール 2500LB
ライン ナイロン2号
ハリス フロロ1.5号

ウキ HBコンセプトEVA遠投サビキウ羽根ウキ6号

友だち追加

一覧に戻る