トップ > 店舗ブログ > むらさきブログタコ焼き編

むらさきブログタコ焼き編

2017 / 01 / 15  熊本富合店

むらさきブログタコ焼き編

投稿日 2017年01月15日
投稿者 ポイント熊本富合店 むらさき

こんにちはpoint熊本富合店のむらさきでございます

幸運にもマダコを釣り上げることができました

最近、時々お腹がポンポコリンになるまで食べたいと思うのがタコ焼きでございます。

タコ焼きは材料も比較的価格も安い食材が多いです。

また、自分の好みの具材を入れることができます

また、いろいろな食材を組み合わせて自分オリジナルのタコ焼きを作り上げることができます。

タコ焼きは少しずつ作っていくので常に焼きたててをいただくことができます

焼きたてのタコ焼きは熱く、やけどしそうになりますが、

ころころ転がしていただくのがまた何とも言えないおいしさです。

そこで今回は久しぶりにタコ焼きを紹介いたします。

まずは材料のタコが大切です。

タコは内臓を取り除き、一度塩もみして、ヌルヌルを取り除いてゆがきます。

(一度、冷凍したタコの方がヌルヌルは取れやすく、また、身もやわらかくなります。

タコ焼きには一度、冷凍したタコの方が、お子様などには食べやすいかもしれません。)

タコができあがると、タコの足を細かくカットします。

大きなタコでタコ焼きを作る楽しみもありますが、

みんなでタコ焼きを食べる際はタコが小さいほうが、タコ焼きが作りやすくなります。

ボールに市販のタコ焼き粉、卵、水を入れて泡だて器でよくかき混ぜます。

しっかりかき混ぜると、タコ焼きの生地は出来上がりでございます。

とっても簡単です。

後は具材を準備するだけです。

この具材がいろいろ楽しめる食材となりますが、私がよく使用している具材は、

キャベツはみじん切りにします。

クッキング用チーズ (最初からカットしてあるのでそのまま使用できます)

紅生姜もみじん切りにします

揚げ玉(市販で低価格で販売されていてそのまま使用できます)  などとなります。

準備ができて、タコ焼器が温まったら、油を軽く塗り、 生地を入れ、

キャベツとタコを入れて、好みの具材を入れていきます。

紅生姜とチーズを入れたタコ焼きや

キャベツを多めに入れて、チーズのみ入れたタコ焼きなど作ります。

何を入れて作るか迷いますが、とても楽しいです。

竹串でころころ転がしながら、生地を加えて丸く焼いていきます。

竹串で転がしていく作業もみんなで行うと楽しいです。

焼きあがったら、タコ焼きソースを塗り、 かつおぶし、青のり、ゴマなど加えます。

(これらがひとまとめに入ったふりかけなども市販で発売されています)

そしてマヨネーズをふりかけてできあがりでございます。

まだ熱いうちにやけどしないようにいただくと、とてもおいしいです。

最後に好みでネギなどを加えるとおいしかったです。

常に焼きたてをいただき、気づいたらお腹がポンポコリンになってしまいました

食べ過ぎには注意が必要でございます

タコ焼きはパーティーなどでもいただくことができます

竹串を持ってころころ転がしたり、具材を追加したりと協力することができます。

タコが釣れたらぜひタコ焼きもお試しくださいませ

私はまたタコ焼きに入れたらとてもおいしい具材がないかいろいろと試してみたいと思います。

おすすめの食材があればまたご紹介いたします。

今度はどんなタコ焼きを作ろうかな?

ぴーしゃら、ぴーしゃら おーなかが減ったよおーーっ







くわしくはこちらを

してくださいませ







下記からpoint熊本富合店をお友達に入れて頂きますと


お得な情報が入ります。




友だち追加数





一覧に戻る