トップ > 店舗ブログ > 永松のフィッシング・ハイカロリー 船ヒラメ編!

永松のフィッシング・ハイカロリー 船ヒラメ編!

2017 / 08 / 12  行橋苅田店

永松のフィッシング・ハイカロリー 船ヒラメ編!

投稿日 2017年08月12日
投稿者 ポイント行橋苅田店 永松


こんにちは、行橋店の永松です。

先日、



ヒラメ釣り



に行って来ました。

ここ数年の恒例になっている夏場の泳がせによる

ヒラメ釣り

です。

メンバーはヒラメ釣り10年以上無敗記録の

赤坂店・大砂代行

と、釣った魚を見た第一声が「

食べた~い

」が口癖の

小嶺店・桑野さん

と私の3人。

各店にお誘いしてみたのですが、集まったのはいつもの3人。

暑いから仕方ないのかな。

今回も利用させて頂いたのは、

下関港





英光丸



さん。

ポイントを熟知した頼もしい大木船長にお世話になりました。

まずは大事なエサ用の


アジ


釣りからスタート。

水深10m未満の浅瀬に8号サビキを落とせば1投目から入れ食い状態。

すぐにイケスが

アジ

だらけに。(これで一部です)

そして


ヒラメ



ポイント

に移動。

今回の仕掛けは

ハリス14~16号



管付きメジ・カツオ鈎

エダス60㎝、ステ糸10cmの胴突き仕掛です。

実際のところ


ヒラメ


は歯が鋭いですが、大型の

ヒラメ

は歯が擦り減っていて6号くらいでも十分獲れます。

しかし狙うは瀬付きの

ヒラメ

昨年は10号ハリスも瀬で切れたので少し太目でチャレンジです。

大型の根魚もあたる事があるので丁度良い感じです。

さて実釣ですが、

アジ

をこのように鼻掛けにして海底まで落します。

着底したら2m位底を切ってアタリを待ちます。

この泳がせによる


ヒラメ釣り


の面白さは何と言っても本アタリ前のアジの逃げ回る魚信。

急にブルブルし始めたら近くに

ヒラメ

が居る合図。



ドキドキ


しますね。

通常の

ヒラメ釣り

は本アタリがあったら長めに待ちますが、瀬付きの

ヒラメ



青物

みたいに一気に引っ手繰って行きます。

この日はなかなかアタリが少ない日でしたが、無敗王者の

大砂代行

がまず一匹目を釣ってからアタリが増えていきました。

そして私にも待望のアタリがあり、上手くフッキング成功!

サイズは70cmくらいでしたが、肉厚な

ヒラメ

でした。

それからまた

アジ

が暴れる魚信から、一気に竿の根元から曲げる魚がヒット!

しかし、今度は

PE

の高切れでバラシ。

貴重なアタリを逃して今回は終了したのでした。

今年の

夏ヒラメ

は全員安打で終了することが出来ました。

今回はハリスを太くしてたので余裕だと思っていたのですが、道糸のPEが細かったという失態。

またリベンジしなければ。

さて



ハイカロリー



のコーナー

まずは「

刺身



夏ヒラメは味気ないと思われていますが、瀬付き

ヒラメ

は美味しいんです。

今回は3日寝かせました。

あっさりした美味しい一品になりました。

次は「

握り



3日寝かせた後に昆布茶で〆てから握ってみました。

パクパクいける美味しい握りになりました。

続いては「

エンガワの軍艦




ヒラメ

と言えば

エンガワ

ですね。

それを刻んで軍艦巻きにしてみました。

旨みがハンパないです。

スタッフの昼ごはんにと思ってたのですが、気付いたら無くなっていました。

そして「

ヒラメのフライ



今回はサイコロ状に角切りにして





こしょう



ニンニク



ショウガ

で下味を付けてみました。

それを纏めてパン粉を付けてフライに。

美味過ぎる一品になりました。

最後は「

酢豚風中華炒め



サイコロ状に角切りした身を片栗粉で纏めて一旦揚げました。


マイタケ



ニンジン

と共に炒めて軽く甘酢にした中華スープで味付け。

ネギを添えて出来上がり!

ご飯が進むおかずの完成です。

今回も食べ過ぎて大変なことに。


ヒラメ

はやっぱり美味しい魚ですね。

ではまた、美味しい魚を狙って行って来ます!





フィッシングログ(スタッフ釣果報告)

問い合わせ先 ポイント行橋苅田店

福岡県京都郡苅田町与原1丁目1-5

0930-25-0941



一覧に戻る